風俗の仕事の種類とその概要

意外に奥深い風俗の世界

風俗の仕事の仕組み

風俗で働くのは、怖いのでしょうか? 風俗の種類により、サービス内容は異なります。 客から嬢に触れることがないサービスもあれば、店に常にいる必要のない出張型のサービスなど、精神的・肉体的負担がかからないものがいろいろあります。 ソフトな性風俗の「ピンクサロン」と「ヘルス」です。

「風俗の王様」

男性が大枚をはたいて一晩の恋人を買うイメージに一番近いのが、ソープランドです。 質が高いサービスを売りにしているソープランドは、ほかの性風俗店とは一線を画します。 なぜソープランドは「風俗の王様」とまで言われ、世の男性たちの羨望を受けるのでしょうか。

マイナーな「風俗」

王道以外にも、「人にはそうそう言えない」そんな性のニーズにこたえる店もたくさんあります。 ピンクサロン同様性行為がないながらも、仕事内容に応じて給与が高いという不思議なものをご紹介します。 もし許容できそうなら、効率よく働ける近道になるかもしれませんね。

比較的ソフトなサービスのもの

「風俗」と聞いて、いったい何を思い浮かべますか?
なじみがない人にとっては男性向けの性的なサービス、ということ以外なかなかイメージがわきにくいのではないでしょうか。
中には潔癖の方だとタブーのように感じてしまうかもしれません。
風俗は非常に長い歴史があり、人類でも最古の職業の一つだといわれています。
古代では豊穣祈願として巫女と交わり、現代の風俗とは違う「神とつながる」神聖な行為だったともいいます。
日本では江戸時代の吉原に代表される遊郭が有名ですね。
海外でも「ゲイシャ」は忍者と並び日本のイメージの一角をなしています。
花魁や太夫まで上り詰めれば貴族にさえ優位に立てるという、性産業を生業とする没落した女性には到底不可能に思える特権まで与えられていました。
そんな歴史の長い風俗の仕事ですが、現代ではきちんと法律に基づいて規制されています。
古代の性産業の女性たちが苦しめられた性感染症を防ぐため、風俗営業は非常に厳しく管理されています。
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」通称「風営法」という言葉を聞いたことがありますか?
風俗の種類はこの法律に基づいて細分化されており、それぞれ業務内容も異なります。
飲食店の延長のようなものから、本格的なサービスが受けられるものまで、お客さんのニーズに合わせて多岐にわたります。
もちろん、仕事内容に応じて給与も異なります。
ここでは有名な風俗の種類をいくつかジャンルに分けてご紹介したいと思います。

▲先頭へ戻る