風俗の仕事の種類とその概要

意外に奥深い風俗の世界

風俗の仕事の仕組み

ピンクサロン

ピンクサロンは多くの性風俗店と異なり、飲食店として営業しています。
条例に基づき、わいせつ物陳列罪に当たらないラインで脱衣をします。
自治体によってこの基準は異なります。
料金体系はほかの性風俗に比べ安価で、従業員への給与も同じく低めの部類に入ります。
ですが、給与自体は完全歩合制ではなく時給制も併用する場合が多いため、比較的収入が安定します。
飲食店として営業しているため、もちろんですが飲食物の提供があります。
サービスは店舗型で、半個室の店内で行われます。
接客をする女性従業員のことは「嬢」といいますが、客は基本的にこの嬢に触れることはできません。
性的サービスは口内射精までですが、これはすべて嬢の主導で行われます。

ヘルス系

ヘルスには二つの分類があります。
店舗型の「ファッションヘルス」通称「箱ヘル」と、出張型の「デリバリーヘルス」です。
サービス内容はどちらも同じで、「本番行為」を含めないほぼすべての性的サービスを受けることができます。
ピンクサロンではできなかった嬢に触れること、性行為さえなければ性器同士が接触することも可能です。
店舗型ヘルスでは嬢が店に待機し、客からの指名などが入ると接客を行います。
一人当たりの接客時間も比較的短く、一時間に満たないことが多いです。
デリバリーヘルスでは客の呼び出しに応じてホテル等に直接赴くので、一人当たりの接客時間は長くなります。
ファッションヘルスとデリバリーヘルスでは仕事の性質上、後者のほうが労働環境・給与ともに高くなります。


▲先頭へ戻る